スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ドッグフード
2006 / 01 / 15 ( Sun )
アメリカではよく売られている自然派の犬猫フードとのことです。日本国内ダイヤモンド社取り扱いショップのサイトをチェックしたところ、日本に輸入されているのは問題の工場で作られたものではなく、品質に問題はないそうですが、フードを使用されている方は念のため確認をされたほうが良いかと思います。

以下に概要を載せます。


■ダイアモンド社のペットフードをお使いの方へ

内 容: カビ毒汚染のペットフード、イヌ23匹死亡

米国ワシントン──米食品医薬品局(FDA)は30日、カビ毒汚染の恐れがあるとして製造元が回収しているペットフードが原因で、これまでに23匹のイヌが死亡した、と発表した。また、少なくとも18匹が体調を悪化させている。

カビ毒汚染の恐れがあるのは、米ペットフード大手のダイアモンド・ペット・フード(本社:ミズーリ州)が全米23州で発売したペットフード19種。サウスカロライナ州ガストンの工場で、今年9月1日から12月10日までに製造されたものに、カビ毒の「アフラトキシン」が含まれている可能性がある。

「アフラトキシン」は、トウモロコシや穀物などに発生するカビが産生する強力な発がん物質で、動物が摂取すると肝臓がんを引き起こす。

ダイアモンド・ペット・フードは今月21日、ネコ用5種、イヌ用14種の製品を回収し、購入代金を返済すると発表。同社のウェブサイト(http://www.diamondpet.com/)で製品名などを公表し、消費者の手元にある製品を確認するよう呼び掛けている。

FDAは、回収対象となっている製品は欧州を含む世界29カ国に輸出されていることを突き止め、各国に対してカビ毒汚染の恐れがあると通達した。


CNN.com日本版

ダイアモンド社ホームページ(英語版)

ダイヤモンド社日本取り扱い店(「アメリカでのリコール問題について」のページに詳細が載っていました。)

******************
23頭の犬の命が絶たれているのです。
テレビのニュースで大々的にやってほしい。と切実に思います。

気がつかずに与えている飼い主さんも多くいることでしょう。
量販店で売っている激安フードならまだしも・・・
食べることは生きること。
その食事に【毒】がはいっているとは、恐ろしいことです。

大切な大切な犬や猫の命を預かっているフードだということを
フード会社にはよ~く認識し、改善してもらいたいものです。

ちなみに2年ほど前にもマスターフーズでリコールがありました。
メーカーは違いますが、2度とこんなことが起きないようお願いしたいです。
スポンサーサイト
19 : 30 : 05 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<お食事処 | ホーム | 病院>>
コメント
--こんばんは♪--

私もこのニュースi-217で見た!
飼い主が気づかないで食べない我が子に無理やりあげて結局死んでしまった・・・。って事もあるみたいだねi-241
飼い主の人も泣くに泣けないよね。
人もわんこも安心して食べれるご飯がいいねi-184
あ、ウチのくだしワンズはお陰さまでほぼ完治しましたv-425
ココママありがとうでした~e-68
by: さくママ * 2006/01/17 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

【さくままさんへ】
>飼い主が気づかないで食べない我が子に無理やりあげて結局死んでしまった・・・。
ひ~恐ろしい~!!怖すぎる~(T-T)
自分ちの犬にこんな死に方された飼い主さん。
たまらないだろうなあ~(涙)
あの粒の中に何がはいってるのか?
見えないっていうのは、本当に怖いね。
わんずのお世話たいへんだったろうけど、ほぼ完治でよかったね~♪
何かあったらいつでもメールしてちょ!
by: ココママ * 2006/01/17 18:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://cocozaburou.blog38.fc2.com/tb.php/40-fc7c19d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。